2009年09月01日

シロックス物流株式会社

全国規模の物流サポートを構築させ、2009年3月期は年収入高約41億5000万円を計上していたが、従来、収益性の低かった大阪事務所の効率性を高めるための設備増強や効率化をあげるための倉庫集約などの投資がかさみ、約2億8700万円の最終赤字となっていた。こうしたなか、7月15日には親会社のシルバーオックス(株)(9月1日破産手続き開始決定)の決済難から受注が減少、当社の資金繰りも悪化していた。このため、当社を含めた物流会社2社の株式譲渡、さらに当社の事業譲渡について佐川グローバルロジスティクス(株)(東京都品川区、以下SGL)と交渉を進めてきたが、事業譲渡完了までの間に運転資金の不足が発生したことから、今回の措置となった。

 なお、同社の事業再生について、SGLから正式な支援表明を受けていることを明らかにしている。

 負債は約11億5600万円。

帝国データバンク
posted by 倒産速報 at 12:41| Comment(0) | 大型倒産速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。